「消費生活に関するパネル調査」関連文献

2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年 | 2013年 | 2012年 |
2011年 | 2010年 | 2009年 | 2008年 | 2007年 | 2006年 | 2005年 | 2004年 | 2003年 |
2002年 | 2001年 | 2000年 | 1999年 | 1998年 | 1997年 | 1996年 | 1995年 | 1994年

2017年

氏名

論文名/書名

雑誌名・巻・号・頁等/発行社

阿部正浩

「女性の労働供給:短期と長期のトレードオフ」

『中央大学経済研究所年報』49: 369-384

荒渡良・宮本由紀

「妻の就業が子育て費用に及ぼす影響:日本のパネルデータを用いた等価尺度の計測」

『都市情報学研究』22: 41-46

安藤潤

『アイデンティティ経済学と共稼ぎ夫婦の家事労働行動:理論、実証、政策』

文眞堂

大風薫

「親支援役割と経済資源が中年期未婚女性の幸福度に与える影響:未婚の継続期間中に見る変化」

『生活経営学研究』52: 30-38

久木元真吾

「「消費生活に関するパネル調査」を用いた研究成果:個票データの公開とその成果」

『季刊家計経済研究』114: 57-64

小原美紀・関島梢恵

「通勤時間が夫婦の時間配分に与える影響」

『経済分析』195: 91-116

小原美紀・塗師本彩

「既婚女性の働き方と健康状態」

『季刊家計経済研究』114: 2-14

坂本和靖・森田陽子

「妻の所得が夫妻所得の格差に与える影響に関する分析:妻の就業、就業履歴と所得格差」

『国際公共政策研究』22(1): 37-48

重川純子

「夫妻間の家計管理タイプの変化:家計の個別化は進んだのか」

『季刊家計経済研究』114: 38-47

須加尾翼

「夫の家事育児分担度が妻の出産へ与える影響に関する実証分析」

東京工業大学大学院社会理工学研究科修士論文

Fumihiko Suga (菅文彦)

"The Returns to Postgraduate Education"

ESRI Discussion Paper Series, No.336

関島梢恵・小原美紀

「働き方と世帯の経済厚生:2000年代における世帯間格差の推移」

『季刊家計経済研究』113: 51-61

銭旭威

「夫のワーク・ライフ・バランスが妻の労働供給に与える影響の分析」

名古屋大学大学院経済学研究科修士論文

曹麗

「夫の家事参加・育児参加と女性就業に関する研究」

法政大学大学院経済学研究科修士論文

張明月

「日本少子高齢化社会における女性就業の拡大に関する研究:女性の出産後の再就職促進を中心に」

東北大学大学院経済学研究科修士論文

戸田淳仁

「女性の働き方に関する希望」

『季刊家計経済研究』114: 28-37

栃山健

「合計特殊出生率の反転に関する実証分析」

東京工業大学大学院社会理工学研究科修士論文

迫裕之

「女性の育児と仕事の両立に関する実証研究」

早稲田大学公共経営大学院リサーチペーパー

Hikaru Hasegawa and Kazihuro Ueda

"Time Use of Married Couples: Bayesian Approach"

Discussion Paper Series A 2017-309, Hokkaido University

浜田浩児

「基礎年金の応能負担と第3号被保険者制度:無償労働を考慮した分析」

『季刊家計経済研究』114: 15-27

村上あかね

「脱落理由の内容分析:消費生活に関するパネル調査24年分の分析から」

『季刊家計経済研究』114: 48-56

楊瑋璇 (YANG Weixuan)

「親との同居が女性の労働供給に及ぼす影響についての実証研究」

法政大学大学院経済学研究科修士論文

劉夢穎

「学歴ミスマッチが日本女性の賃金に与える影響」

法政大学大学院経済学研究科修士論文

Linda N. Edwards, Takuya Hasebe, and Tadashi Sakai

"Education and Marriage Decisions of Japanese Women and the Role of the Equal Employment Opportunity Act"

Journal of Human Capital, forthcoming

Bing Niu and Atsushi Yoshida

"Effects of Family Budgeting Responsibility on Subjective Health Status: An Empirical Study of Japanese Wives"

Health Care for Women International, 38(1): 55-71

MENU