パネル調査・カンファレンス

 「パネル調査・カンファレンス」は、公益財団法人 家計経済研究所が主催して開催されるカンファレンスです。日本の今後のパネル調査・研究の発展を目的として、パネル調査を実施している機関が参加して2001年に開催されたのが始まりです。
 それ以降毎年1回、パネル調査の実施機関の関係者や、パネル調査データの分析に携わる研究者などが参加して、パネル調査の実施や分析にあたっての諸問題を議論し、研究成果を報告する場として継続的に開催されています。

第17回パネル調査・カンファレンス

  • 【主催】 公益財団法人 家計経済研究所
  • 【共催】 慶應義塾大学パネルデータ設計・解析センター、大阪大学社会経済研究所行動経済学研究センター、一橋大学経済研究所、東京大学社会科学研究所
  • 【日時】 2017年10月15日(日) 13:00~16:45
  • 【会場】 一橋講堂 中会議場1・2
  • ※参加ご希望の方は、事前に info ☆ kakeiken.or.jp (☆をアットマークに変えてください)まで、メールでご連絡ください。その際、以下の2点をお願いいたします。
     ●メール本文に、ご氏名とご所属を明記してください。
     ●メールの件名は、「カンファレンス参加希望」としてください。

プログラム

開式の辞 (13:00~13:05)

  • 司会: チャールズ・ユウジ・ホリオカ(公益財団法人アジア成長研究所)
  • 「就業、結婚、出産に関する意思決定の国際比較 ― 日本、韓国、台湾のパネルデータを用いた実証分析」(13:05~13:30)
     萩原里紗(明海大学経済学部)
  • 「婚姻状況と家事労働 ― 東大社研パネルを用いた検討」(13:30~13:55)
    〇柳下実(首都大学東京大学院人文科学研究科)
     不破麻紀子(首都大学東京都市教養学部)
  • 「血液型と献血行動 ― 純粋利他性理論の検証」(13:55~14:20)
    ○佐々木周作(日本学術振興会)
     船崎義文(大阪大学大学院経済学研究科)
     黒川博文(日本学術振興会)
     大竹文雄(大阪大学社会経済研究所)
  • 司会: 三輪哲(東京大学社会科学研究所)
  • 「妻が働くことは所得格差を生み出すのか?」(14:30~14:55)
    ○坂本和靖(群馬大学社会情報学部)
     森田陽子(名古屋市立大学経済学研究科)
  • 「既婚女性の働き方と健康状態」(14:55~15:20)
    ○小原美紀(大阪大学大学院国際公共政策研究科)
     塗師本彩(大阪大学大学院経済学研究科)
  • 「「消費生活に関するパネル調査」の25年を振り返る」(15:30~15:50)
     公益財団法人 家計経済研究所 研究部
  • 司会: 永井暁子(日本女子大学人間社会学部)
  • パネルディスカッション 「パネル調査の現在・未来」(15:50~16:35)
     樋口美雄(慶應義塾大学商学部)
     石田浩(東京大学社会科学研究所)
     北村行伸(一橋大学経済研究所)

閉式の辞(16:35~16:45)

これまで開催したパネル調査・カンファレンス

MENU