パネル調査・カンファレンス

これまで開催したパネル調査・カンファレンス

第16回 | 第15回 | 第14回 | 第13回 | 第12回 | 第11回 |
第10回 | 第9回 | 第8回 | 第7回 | 第6回 | 第5回 | 第4回 | 第3回 | 第2回 | 第1回 |
最新のパネル調査・カンファレンスのページに戻る

※所属・肩書きはカンファレンス開催時のもの

第15回パネル調査・カンファレンス

  • 【主催】 公益財団法人 家計経済研究所
  • 【共催】 慶應義塾大学パネルデータ設計・解析センター[特別推進研究]、大阪大学社会経済研究所行動経済学研究センター、一橋大学経済研究所、東京大学社会科学研究所
  • 【日時】 2015年12月24日
  • 【会場】 ホテルグランドヒル市ヶ谷
  • (所属は開催時のもの:第15回カンファレンスの概要は、『季刊家計経済研究』第110号(2016年4月刊行)に掲載されています。)

プログラム

開式の辞

  • 司会: 阿部正浩(中央大学経済学部)
  • 「女性の賃金上昇には同じ企業で働くことが重要なのか、それとも同じ職種で働くことが重要なのか」
     佐藤一磨(明海大学経済学部)
  • 「職場における訓練が賃金へ与える蓄積的な効果の検討」
     小川和孝(東京大学社会科学研究所)
  • 司会: 坂本和靖(群馬大学社会情報学部)
  • 「東日本大震災が日本人の経済的選好に与えた影響」
      大竹文雄(大阪大学社会経済研究所)
     ○明坂弥香(大阪大学経済学研究科)
      齊藤誠(一橋大学経済学研究科)
  • "Do losses bite more than gains? Evidence from a panel quantile regression analysis of subjective well-being in Japan"
      Zheng Fang (Nanyang Technological University)
     ○新見陽子(公益財団法人アジア成長研究所)
  • 「調査への指向性と回答の傾向」
     坂口尚文(公益財団法人家計経済研究所)
  • 総括
     樋口美雄(慶應義塾大学商学部)

閉式の辞

第14回パネル調査・カンファレンス

  • 【主催】 公益財団法人 家計経済研究所
  • 【共催】 慶應義塾大学パネルデータ設計・解析センター[特別推進研究]、大阪大学社会経済研究所行動経済学研究センター、一橋大学経済研究所、東京大学社会科学研究所
  • 【日時】 2014年12月24日
  • 【会場】 ホテルグランドヒル市ヶ谷
  • (所属は開催時のもの:第14回カンファレンスの概要は、『季刊家計経済研究』第106号(2015年4月刊行)に掲載されています。)

プログラム

開式の辞

  • 司会: 永井暁子(日本女子大学人間社会学部)
  • 「夫婦の幸福感と利他性 ― 慶應義塾家計パネル調査を用いての夫婦におけるスピルオーバーエフェクトの検証」
     萩原里紗(慶應義塾大学商学部)
  • 「出産・育児期からポスト育児期にかけての女性の就業行動 ― 1960年代・1970年代生まれの就業行動とその規定要因」
     西村純子(明星大学人文学部)
  • 司会: チャールズ・ユウジ・ホリオカ(公益財団法人アジア成長研究所)
  • 「若年者の転職結果に対する社会ネットワークの影響 ― 東大社研パネル調査データを用いた実証分析」
     石田賢示(東京大学社会科学研究所)
  • "Do Risk Preferences Change? Evidence from Panel Data Before and After the Great East Japan Earthquake"
     花岡智恵(京都産業大学経済学部)
  • 総括
     樋口美雄(慶應義塾大学商学部)

閉式の辞

第13回パネル調査・カンファレンス

  • 【主催】 公益財団法人 家計経済研究所
  • 【共催】 慶應義塾大学パネルデータ設計・解析センター[特別推進研究]、大阪大学社会経済研究所行動経済学研究センター、一橋大学経済研究所、東京大学社会科学研究所
  • 【日時】 2013年12月25日
  • 【会場】 ホテルグランドヒル市ヶ谷
  • (所属は開催時のもの:第13回カンファレンスの概要は、『季刊家計経済研究』第102号(2014年4月刊行)に掲載されています。)

プログラム

開式の辞

  • 司会: 樋口美雄(慶應義塾大学商学部)
  • 「年齢と時間割引」
     平田憲司郎(神戸国際大学経済学部)
  • 「短時間勤務制度義務化と育児女性の離職」
     深堀遼太郎(慶應義塾大学大学院・日本学術振興会)
  • 「時間外労働に対する割増賃金率引き上げの効果」
     朝井友紀子(東京大学社会科学研究所)
  • 司会: 村上あかね(桃山学院大学社会学部)
  • 「男性高齢会社員の雇用形態および退職行動の分析 ― 『中高年縦断調査』を利用した固定効果ロジット分析」
     北村智紀(ニッセイ基礎研究所)・上村敏之(関西学院大学経済学部)・中嶋邦夫(ニッセイ基礎研究所)
  • 「『消費生活に関するパネル調査』の20年間と今後の課題」
     田中慶子(公益財団法人家計経済研究所)
  • 総括
     樋口美雄(慶應義塾大学商学部)

閉式の辞

第12回パネル調査・カンファレンス

  • 【主催】 公益財団法人 家計経済研究所
  • 【共催】 慶應義塾大学・大阪大学・一橋大学各GCOE、東京大学社会科学研究所
  • 【日時】 2012年12月19日
  • 【会場】 ホテルグランドヒル市ヶ谷
  • (所属は開催時のもの:第12回カンファレンスの概要は、『季刊家計経済研究』第98号(2013年4月刊行)に掲載されています。)

プログラム

開式の辞

  • 司会: 阿部正浩(獨協大学経済学部)
  • 「官庁統計調査における個人パネルの役割と挑戦」
     越路幹男(厚生労働省・統計情報部 人口動態・保健社会統計課世帯統計室)
  • 「失業が健康・生活習慣に与える効果」
     菅万理(兵庫県立大学経済学部)
  • 「専門26業務適正化プランの派遣市場への影響」
     小林徹(慶應義塾大学大学院商学研究科)
  • 司会: 田辺俊介(東京大学社会科学研究所)
  • 「The Effect of Personality Traits, Behavioral and Biological Factors on Schooling, Earnings and Career Promotion」
     李嬋娟(大阪大学大学院国際公共政策研究科)
  • 「結婚生活の経過による妻の夫婦関係満足度の変化」
     永井暁子(日本女子大学人間社会学部)
  • 「データの使いやすさを考える」
     坂口尚文(公益財団法人 家計経済研究所)
  • 総括
     樋口美雄(慶応義塾大学商学部)

閉式の辞

第11回パネル調査・カンファレンス

  • 【主催】 公益財団法人 家計経済研究所
  • 【共催】 慶應義塾大学・大阪大学・一橋大学各GCOE、東京大学社会科学研究所
  • 【日時】 2011年12月21日
  • 【会場】 ホテルグランドヒル市ヶ谷
  • (所属は開催時のもの:第11回カンファレンスの概要は、『季刊家計経済研究』第94号(2012年4月刊行)に掲載されています。)

プログラム

開会の辞 江崎芳雄(公益財団法人 家計経済研究所)

  • 司会: 坂本和靖(慶應義塾大学大学院経済学研究科)
  • 「最低賃金の引き上げの経済効果―パネルデータ分析」
     佐藤一磨(明海大学経済学部)
  • 「Obsessed with being thin: Time discounting and subjective evaluation of being obese」
     花岡智恵(大阪大学社会経済研究所)
  • 「全国家族パネル調査(NFRJ-08Panel)にみる家族の変容過程」
     西野理子(東洋大学社会学部)
  • 司会: 村上あかね(桃山学院大学社会学部)
  • 「変化の向き・パターンと非変化時の状態の違いを考慮した固定効果モデルの可能性」
     有田伸(東京大学社会科学研究所)
  • 「パネルデータでみる女性のライフコース」
     坂口尚文(公益財団法人 家計経済研究所)
  • 総括
     樋口美雄(慶応義塾大学商学部)

閉会の辞 江崎芳雄(公益財団法人 家計経済研究所)

第10回パネル調査・カンファレンス

  • 【主催】 公益財団法人 家計経済研究所
  • 【共催】 慶應義塾大学・大阪大学・一橋大学各GCOE、東京大学社会科学研究所
  • 【日時】 2010年12月24日
  • 【会場】 グランドヒル市ヶ谷
  • (所属は開催時のもの:第9回カンファレンスの概要は、『季刊家計経済研究』第90号(2011年4月刊行)に掲載されています。)

プログラム

開会の辞 江崎芳雄(公益財団法人 家計経済研究所)

  • 司会: 村上あかね(桃山学院大学社会学部)
  • 「若年層の所得変動と所得動態に関する一考察」
     吉田崇(東京大学社会科学研究所)
  • 「日本家計パネル調査にみる健康と所得」
     石井加代子(慶應義塾大学大学院商学研究科)
  • 「回答の欠損と摩耗 所得データへの影響」
     坂口尚文(公益財団法人 家計経済研究所)
  • 司会: 濱本知寿香(大東文化大学経済学部)
  • 「家庭的背景と子どもの学力・進路―『青少年期から成人期への移行についての追跡的研究(JELS)』より」
     蟹江教子(お茶の水女子大学文教育学部)
  • 「Financial Literacy and Retirement Planning in Japan」
     関田静香(大阪大学社会経済研究所)
  • 「The Backward-bending Commute Times of Married Women with Household Responsibility」
     岩田真一郎(富山大学経済学部)・玉田桂子(福岡大学経済学部)
  • 総括
     樋口美雄(慶応義塾大学商学部)

閉会の辞 江崎芳雄(公益財団法人 家計経済研究所)

第9回パネル調査・カンファレンス

  • 【主催】 財団法人 家計経済研究所
  • 【共催】 慶應義塾大学・大阪大学・一橋大学各GCOE、東京大学社会科学研究所
  • 【日時】 2009年12月24日
  • 【会場】 グランドヒル市ヶ谷
  • (所属は開催時のもの:第9回カンファレンスの概要は、『季刊家計経済研究』第86号(2010年4月刊行)に掲載されています。)

プログラム

開会の辞 土肥原洋(財団法人 家計経済研究所)

  • 司会: 色川卓男(静岡大学教育学部)
  • 「若年層の政治意識の分析―東大社研パネルを用いた実証的検討」
     田辺俊介(東京大学社会科学研究所)
  • 「消費行動に関する仮想的質問と現実行動の整合性の検証」
     窪田康平(大阪大学大学院経済学研究科)
  • 「夫の失業前後の妻の就業行動の変化について」
     佐藤一磨(慶應義塾大学大学院商学研究科)
  • 司会: 重川純子(埼玉大学教育学部)
  • 「全国高齢者パネル調査―7wavesにおける展開と「変化」の分析」
     小林江里香(東京都健康長寿医療センター研究所(東京都老人総合研究所))
  • 「妊娠出産子育て基本調査―妊娠期から育児期におけるペアレンティングへの移行について」
     高岡純子(ベネッセ次世代育成研究所)
  • 「Transitions to Full-time Work for Female Workers in Japan」
     岸智子(南山大学経済学部)
  • 総括
     樋口美雄(慶応義塾大学商学部)

閉会の辞 土肥原洋(財団法人 家計経済研究所)

第8回パネル調査・カンファレンス

  • 【主催】 財団法人 家計経済研究所
  • 【共催】 慶應義塾大学・大阪大学・一橋大学各GCOE、東京大学社会科学研究所
  • 【日時】 2008年12月24日(水) 10:30~15:10
  • 【会場】 グランドヒル市ヶ谷
  • (所属は開催時のもの:第8回カンファレンスの概要は、『季刊家計経済研究』第82号(2009年4月刊行)に掲載されています。)

プログラム

開会の辞 土肥原洋(財団法人 家計経済研究所)

  • 司会: チャールズ=ユウジ・ホリオカ(大阪大学社会経済研究所)
  • 「東大社研パネル調査(JLPS)に見る社会的態度・意識の変動」
     三輪哲(東京大学社会科学研究所)
  • 「家計時間配分に関するパネルデータの分析―KHPSに基づいて」
     馬欣欣(慶應義塾大学先導研究センター)
  • 「合理的な消費行動―計画能力と実行能力の重要性」
     窪田康平(大阪大学大学院経済学研究科)
  • 司会: 永井暁子(日本女子大学人間社会学部)
  • 「学習院大学経済経営研究所『女性の就業と消費意識に関するパネル調査』の概要」
     青木幸弘(学習院大学経済学部)
  • 「夫妻の就業パターンと家計」
     李秀眞(日本学術振興会(お茶の水女子大学)外国人特別研究員)
  • 「DEWKS女性の就業特性と居住特性の変容過程」
     藤岡泰寛(横浜国立大学大学院工学研究院)
  • 総括
     樋口美雄(慶應義塾大学)

閉会の辞 土肥原洋(財団法人 家計経済研究所)

第7回パネル調査・カンファレンス

  • 【主催】 財団法人 家計経済研究所
  • 【共催】 慶應義塾大学・大阪大学・お茶の水女子大学・一橋大学各COE
  • 【日時】 2007年12月25日
  • 【会場】 グランドヒル市ヶ谷
  • (所属は開催時のもの:第7回カンファレンスの概要は、『季刊家計経済研究』第77号(2008年4月刊行)に掲載されています。)

プログラム

開会の辞 塩野谷祐一(財団法人 家計経済研究所)

  • 司会: チャールズ=ユウジ・ホリオカ(大阪大学社会経済研究所)
  • 「幸福度WEB毎日調査」
     筒井義郎(大阪大学社会経済研究所)
  • 「慶應義塾家計パネル調査 (KHPS) 新規対象サンプルの標本特性」
     直井道生(慶應義塾大学商学部)
  • 「北京・ソウル・日本における有配偶女性の就業形態の変化に関するパネルデータ分析」
     石塚浩美(お茶の水女子大学COE)
  • 司会: 御船美智子(お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科)
  • 「『世代とジェンダー』から見た少子社会の国際比較研究」
     福田亘孝(国立社会保障・人口問題研究所)
  • 「東大社研若年・壮年パネル調査データに見る現代若年層の社会移動」
     三輪哲(東京大学社会科学研究所)
  • 「家計研パネル調査から見た貧困の経験」
     岩田正美(日本女子大学人間社会学部)
     濱本知寿香(大東文化大学経済学部)
  • 総括
     樋口美雄(慶應義塾大学)

閉会の辞 土肥原洋(財団法人 家計経済研究所)

第6回パネル調査・カンファレンス

  • 【主催】 財団法人 家計経済研究所
  • 【共催】 慶應義塾大学・大阪大学・お茶の水女子大学・一橋大学各COE
  • 【日時】 2006年12月21日
  • 【会場】 グランドヒル市ヶ谷
  • (所属は開催時のもの:第6回カンファレンスの概要は、『季刊家計経済研究』第74号(2007年4月刊行)に掲載されています。)

プログラム

開会の辞 池田実(財団法人 家計経済研究所)

  • 司会: 岩田正美 (日本女子大学人間社会学部)
  • 「東京大学社会科学研究所(東大社研)パネル調査の概要」
     石田浩(東京大学社会科学研究所)
  • 「F-GENSパネルデータからみた中国の家族の姿」
     水落正明 (三重大学人文学部/お茶の水女子大学COE客員研究員)
  • 「マクロニュースと幸福感」
     筒井義郎(大阪大学社会経済研究所)
  • 司会: チャールズ ユウジ ホリオカ (大阪大学社会経済研究所)
  • 「家計の住居移動行動とサンプル脱落―「慶應義塾家計パネル調査」を用いた検証」
     直井道生(慶應義塾大学商学部)
  • 「デフレ下の賃金変動―名目賃金の下方硬直性と金融政策」
     山本勲(日本銀行)
  • 「日本の所得階層の流動性―時系列的変化と国際比較」
     太田清(株式会社日本総合研究所/内閣府経済社会総合研究所特別研究員)
     坂口尚文(財団法人 家計経済研究所)
  • 総括
     樋口美雄(慶應義塾大学)

閉会の辞 浜田浩児(財団法人 家計経済研究所)

第5回パネル調査・カンファレンス

  • 【主催】 財団法人 家計経済研究所
  • 【共催】 慶應義塾大学・大阪大学・お茶の水女子大学・一橋大学各COE
  • 【日時】 2005年12月21日
  • 【会場】 グランドヒル市ヶ谷
  • (所属は開催時のもの:第5回カンファレンスの概要は、『季刊 家計経済研究』第70号(2006年4月刊行)に掲載されています。)

プログラム

開会の辞 塩野谷 祐一(財団法人 家計経済研究所)

  • 司会: 浜田 浩児(財団法人 家計経済研究所)
  • 「阪大COEの親子ペア調査」
     チャールズ ユウジ ホリオカ(大阪大学)
     田中 隆一(大阪大学)
  • 「F-GENSパネルデータによる居住・通勤の分析」
     水野 勲(お茶の水女子大学)
  • 「慶應義塾家計パネル調査(KHPS)の標本磨耗」
     木村 正一(慶應義塾大学)
  • 司会: 御船美智子(お茶の水女子大学)
  • 「ヨーロッパ4ヶ国と日本における家族政策と母親の就業形態」
     権丈 英子(亜細亜大学)
  • 「出生率と女性の労働力参加はどう関係するか:国別固定効果モデルによるOECD諸国の分析」
     山口 一男(シカゴ大学)
  • 総括
     樋口 美雄(慶應義塾大学)

閉会の辞 池田 実(財団法人 家計経済研究所)

第4回パネル調査・カンファレンス

  • 【主催】 財団法人 家計経済研究所
  • 【共催】 慶應義塾大学・大阪大学・お茶の水女子大学・一橋大学・東京大学各COE
  • 【日時】 2004年12月24日
  • 【会場】 グランドヒル市ヶ谷
  • (所属は開催時のもの:第4回カンファレンスの概要は、『季刊 家計経済研究』第66号(2005年4月刊行)に掲載されています。)

プログラム

開会の辞 塩野谷祐一(財団法人 家計経済研究所)

  • 司会: 岩田 正美(日本女子大学人間社会学部)
  • 「選好パラメータの推定とパネル調査:大阪大学COEプログラムの取り組み」
     筒井 義郎(大阪大学社会経済研究所)
  • 「F-GENSにおける中国(北京)、韓国(ソウル)のパネル調査の概要」
     御船 美智子(お茶の水女子大学生活科学部)
     永瀬 伸子(お茶の水女子大学大学院人間文化研究科)
  • 「慶應家計パネル調査(KHPS)の概要」
     Colin McKenzie(慶應義塾大学経済学部)
  • 司会: チャールズ・ユウジ・ホリオカ(大阪大学社会経済研究所)
  • 「出生前後の就業変化に関する統計の概要」
     齋藤 重正(厚生労働省大臣官房統計情報部)
  • 「アトリションの対処がもたらす諸問題」
     相田 真彦(ミシガン大学 Institute for Social Research)
     池田 謙一(東京大学大学院人文社会系研究科)
  • 「開発経済学におけるパネル調査とミクロ計量経済学的分析:現状と展望」
     澤田 康幸(東京大学大学院経済学研究科)
  • 司会: 阿部 正浩(獨協大学経済学部)
  • 「"A Dynamics Decision Model of Marriage, Childbearing, and Labor Force Participation of Women in Japan"(日本における女性の結婚・出産・労働供給の動学モデル分析)」
     上田 貴子(早稲田大学政治経済学部)
  • 「少子化対策:夫の役割、職場の役割、政府の役割、社会の役割」
     山口 一男(シカゴ大学社会学部)
  • 総括
     樋口 美雄(慶應義塾大学)

閉会の辞 池田 実(財団法人 家計経済研究所)

第3回パネル調査・カンファレンス

  • 【主催】 財団法人 家計経済研究所
  • 【共催】 慶應義塾大学・大阪大学・お茶の水女子大学・神戸大学・一橋大学各COE
  • 【日時】 2003年12月24日
  • 【会場】 グランドヒル市ヶ谷
  • (所属は開催時のもの:第3回カンファレンスの概要は、『季刊 家計経済研究』第62号(2004年4月刊行)に掲載されています。)

プログラム

開会の辞 塩野谷祐一(財団法人 家計経済研究所)

  • 司会: 御船 美智子(お茶の水女子大学生活科学部)
  • 「パネルデータの長所とその分析方法について」【基調講演】
     山口 一男(シカゴ大学社会学部)
  • 「21世紀出生児縦断調査及び21世紀成年者縦断調査の概要」
     北島 和久・上田 響(厚生労働省大臣官房統計情報部)
  • 司会: 岩田 正美(日本女子大学人間社会学部)
  • 「高齢者の社会的ネットワークの縦断的変化」
     小林 江里香(東京都老人総合研究所)
  • 「高齢期における就業引退過程と生活意識」
     武石 惠美子(東京大学社会科学研究所・ニッセイ基礎研究所)
  • 司会: チャールズ・ユウジ・ホリオカ(大阪大学社会経済研究所)
  • 「日本における投票行動の全国的・時系列的調査研究:近年の展開」
     池田 謙一(東京大学大学院人文社会系研究科)
  • 「職業訓練が雇用・賃金に与える影響」
      川口 大司(筑波大学社会工学系)
  • 総括
     樋口美雄(慶應義塾大学)

閉会の辞 池田 実(財団法人 家計経済研究所)

第2回パネル調査・カンファレンス

  • 【主催】 財団法人 家計経済研究所
  • 【日時】 2002年12月25日
  • 【会場】 グランドヒル市ヶ谷
  • (所属は開催時のもの:第2回カンファレンスの概要は、『季刊 家計経済研究』第58号(2003年4月刊行)に掲載されています。)

プログラム

開会の辞 塩野谷祐一(財団法人 家計経済研究所)

  • 司会: 御船 美智子(お茶の水女子大学生活科学部)
  • 「欧米におけるパネル調査の動向」【基調講演】
     秋山 弘子(東京大学大学院人文社会系研究科)
  • 「21世紀出生児縦断調査及び21世紀成年者縦断調査の概要」
     西山 千代子・村田 冨喜子(厚生労働省)
  • 司会: 岩田 正美(日本女子大学人間社会学部)
  • 「社会変動と中高年男性の生活」
     岸田 宏司(ニッセイ基礎研究所)
  • 「要介護高齢者と介護者の健康・生活・支援環境の縦断的変化」
     杉原 陽子(東京都老人総合研究所)
  • 「多相生命表の手法による日本人高齢者の健康状態別余命の推計:1999-2001」
     齋藤 安彦(日本大学総合学術情報センター)
  • 司会: チャールズ・ユウジ・ホリオカ(大阪大学社会経済研究所)
  • 「職場への適応:パネル・データによる縦断分析の試み」
     西野 理子(東洋大学社会学部)
  • 「パネル調査から見た離転職行動」
      阿部 正浩(獨協大学経済学部)
     坂本 和靖(一橋大学大学院経済学研究科)
  • 総括
     樋口美雄(慶應義塾大学)

閉会の辞 池田 実(財団法人 家計経済研究所)

第1回パネル調査・カンファレンス

  • 【主催】 財団法人 家計経済研究所
  • 【日時】 2001年12月25日
  • 【会場】 グランドヒル市ヶ谷
  • (所属は開催時のもの:第1回カンファレンスの概要は、『季刊 家計経済研究』第54号(2002年4月刊行)に掲載されています。)

プログラム

開会の辞 塩野谷祐一(財団法人 家計経済研究所)

  • 第Ⅰ部 各パネル調査の概要  司会:樋口美雄(慶應義塾大学)
  • 「パネル調査の歴史とその意義」
     講演:樋口美雄(慶應義塾大学)
  • 「後期高齢者の健康、家族、経済のダイナミクスプロジェクトの概要」
     報告者:杉澤秀博(東京都老人総合研究所)
  • 「中高年パネル調査の概要」
     報告者:松浦民恵(ニッセイ基礎研究所)
  • 「社会変動と人間発達プロジェクトの概要」
    報告者:西野理子(東洋大学)
  • 「消費生活に関するパネル調査の概要」
     報告者:永井暁子(財団法人 家計経済研究所)
  • 第Ⅱ部 パネルデータを用いた分析報告 司会:チャールズ・ユウジ・ホリオカ(大阪大学)
  • 「高齢者の健康変化とその予測要因」
     報告者:杉澤秀博(東京都老人総合研究所)
  • 「中高年ライフコース研究」
     報告者:岸田宏司(ニッセイ基礎研究所)
  • 「女性の職業意識と初職からの離脱過程」
      報告者:澤口恵一(大正大学)
  • 「90年代日本の所得変動・消費変動の分析」
     報告者:樋口美雄(慶應義塾大学)
  • 第Ⅲ部 パネル調査方法・分析方法  司会:御船美智子(お茶の水女子大学)

閉会の辞 吉村彰(財団法人 家計経済研究所)

MENU