講演会 | 公益財団法人 家計経済研究所

講演会

第47回公開講演会


「単身者の暮らしを考える」


 「ひとり暮らし」の世帯は3世帯に1世帯となり、今後、さらに増加することが予想されています。生涯にわたるひとり暮らしも多くなり、もはやライフスタイルの選択肢のひとつとなっています。一方で、離死別などによってひとり暮らしになるリスクも高く、生活保障や社会的孤立への関心が高まっています。本講演会では、単身者が増加している社会的背景や、大都市の若年単身者の消費や意識などのライフスタイル、そして今後の動向や求められる対策などについて多角的に論じていただきます。
【講演】

重川純子
(埼玉大学教育学部 教授)

「若年単身者の家計力」


藤森克彦
(みずほ情報総研株式会社 主席研究員)

「『単身急増社会』を考える ~単身世帯の現在と将来~」


参加申し込みの受付は終了いたしました。

  • 【日時】: 2011年11月28日(月)15:00~17:00
  • 【会場】学士会館 203号室(東京都千代田区神田錦町3-28:地図参照
  • 入場無料 (定員100名:お申し込み先着順)
  • 【申し込み方法】参加申し込みの受付は終了いたしました。
     参加希望者全員のお名前(ふりがな)、ご住所を明記の上、Eメール、FAXまたは郵便はがきで
     お申し込みください。後日、入場整理券をお送りいたします。
     ※ 個人情報は当講演会の開催以外の目的には使用いたしません。
  • 【申し込み・問い合わせ先】
     〒102-0073
      東京都千代田区九段北2-3-7 前川九段ビル3階
      公益財団法人家計経済研究所 第47回講演会係
      Eメール: info@kakeiken.or.jp
      TEL: 03-3221-7291
      FAX: 03-3221-7255
  • 【主催】 公益財団法人 家計経済研究所
  • 当講演会のポスター(PDFファイル)


過去の講演会の開催記録

MENU