『現代核家族のすがた』

| 研究報告書一覧に戻る | 「消費生活に関するパネル調査」の報告書 |

『現代核家族のすがた』

『現代核家族のすがた―首都圏の夫婦・親子・家計』(家計経済研究所研究報告書No.4)

  • 財団法人 家計経済研究所
  • 編集・発行: 財団法人 家計経済研究所
  • 2009年9月刊行 A4判 314頁 

 本書『現代核家族のすがた』は、財団法人家計経済研究所の調査研究プロジェクト「核家族の意識と実態に関する研究」の研究成果としてまとめた報告書です。
 

『現代核家族のすがた―首都圏の夫婦・親子・家計』 目次

要約

目的と方法

木村清美・田中慶子・久木元真吾

第1章

家庭内の役割分担―家事、育児、妻の仕事の調整

水落正明・永井暁子

第2章

家族の行動と相互関係

永井暁子・田中慶子

第3章

夫妻の収入と家計

木村清美

第4章

夫妻の資産

田中慶子

第5章

社会的ネットワーク

野沢慎司

第6章

新しい情報・通信メディアの利用

野沢慎司

第7章

家族観・主観的評価

水落正明・田中慶子

調査票・単純集計

「現代核家族調査について」

MENU